• ホーム
  • マンションのベランダは共有スペースだった?

マンションのベランダは共有スペースだった?

タワーマンションにはベランダやバルコニーがついている物件も多く存在しています。
屋根のついていないのがバルコニーで、屋根がついているのがベランダになります。
エアコンの室外機をおいたり、植木鉢などを置く機会もあるので自分の部屋の一部と勘違いされている方もいらっしゃいます。
しかし、ベランダやバルコニーなどは法律によって「共用部分」と規定されているもので、マンション所有者全体で共有している部分です。
共有部分にはほかにエントランスやエレベーター・廊下などの自室の専有部分を除外した箇所については、法律上同一の「共有部分」と評価されているわけです。
エレベーターなどの共有スペースと法律上同一の扱いを受けるということは、言い方を変えて言えば、たとえ自らのベランダやバルコニーであっても、自由に利用することはできないことを意味しています。
もっとも実際には利便性の点も考慮して規約ではある程度の共有スペースの利用を許容している場合もありますが、基本的な規約としては住人全員で共有しているので自由に使えないという訳です。

それではなぜ、ベランダやバルコニーなどの共用スペースの使用が制限されているのでしょうか。
まずベランダなどは災害時の避難経路に使用することを想定して、法律上設置が義務付けられているものです。
ところが洗濯機や私物を持ち込んで塞ぐような状態になると、災害時に避難経路に利用することに大きな支障をきたすことになります。
そのためタワーマンションのベランダやバルコニーを荷物などで塞ぐような専用利用を放任するわけにはいかないので、消防法などの法律やマンションごとの規約で専用利用を制限する必要がある訳です。
したがってベランダなどの共用スペースは災害などの非常時に住人の皆さんが避難経路に使用する場所なので、住人が自分の専用スペースとして使用できないことは肝に銘じておいたほうが良いでしょう。

もっともエアコンの室外機などを置く場所は、バルコニーなどにせざるを得ない場合もあります。
避難経路を塞ぐことがないように配慮した範囲では、利用が容認されることも多いようです。
しかしこれらの共用スペースは住人全体の安全を確保するために設置されています。
そのため物置のように重量もあり容易に動かすことができないものを設置することは控えるべきです。
完全には塞ぐことにはなっていない場合でも、災害時の消火活動などに重大な支障をきたす可能性があるからです。
これらの理由により、独占的に使用できるからといって、ベランダやバルコニーなどの共用スペースにモノを置くのは控えましょう。

関連記事
人気記事一覧